TOPへ館長のブログ > 周遊記神戸&指導稽古

沖縄空手|館長のブログ

周遊記神戸&指導稽古

広島の演武会後の月曜日、神戸へ新幹線で一時間チョッとで移動した。
昼食までの間、市街地のメリケンパークへ向い、大震災後の突堤などを見て散策する。
真っ赤なポートタワーと帆船をモチーフした海洋博物館がここのシンボルとなっていると言う。
市役所24階のレストランにて食事しながら神戸市内を一望した。上に六甲の山、下に海とを挟み、市内を平行に走る交通網がよく見える。非常にコンパクトな街並みだが実は六甲の山の後ろまでが市内だというので大きな街である。
そこは日本酒で有名な灘の酒蔵がある。白鶴酒造資料館や菊正宗酒造記念館や櫻正宗記念館などは観光地であるので、菊正宗酒造記念館を選んで見学する。文化財の酒造用具が展示され、旨い日本酒と季節限定のにごり梅酒を試飲できたことはよかった。
その後、北野の異人館街(うろこの家、香りの家オランダ館、風見鶏の館etc.)を散策するが、遠い昔から貿易で栄えた港町なので、勝手にきれいな目の外人さんに想いを馳せるが、現実は、黒髪のアジア系の外国人が道案内をしていた。
帰りはオランダ坂を重力に任せて降るが、急な傾斜地に栄えた異人館の散策は疲れます。
途中、学問の神様で有名な北野天満神社があったが、縁結びの神は不在の様子だったので拝観は遠慮した。
その後、夕方から場所を簑谷グリーンスポーツホテルに移し、午後9時まで指導稽古に入る。疲れた身体は温泉で癒したが、その後の未明までの飲酒が祟った。
翌日は箱木家住宅の見学した。この住宅はダム建設で水没する事になったため今の場所に移転し再現されたそうです。かえってその為の解体調査で多くの謎を解くことが出来たそうだ。
建築工法からすると14世紀ごろの民家で国内では最古の物らしい・・・(実際は新しい様子)
その後、「ギャラリーむかい」を営む宮脇武士さんの個展を訪問し、貴重なうちわ絵(徳嶺ぬ棍の絵)を頂いた。
市内を案内し、空港まで見送って頂いた神戸の研究会の皆さんへ感謝で一杯です。
皆さん、ありがとう・・・CIMG0193-m.jpgCIMG0194-m.jpg
CIMG0201-m.jpgCIMG0204-m.jpgCA330014-m.jpg


2008年5月27日 21:47 |

PAGETOPへ