TOPへ館長のブログ > 北海道支部沖縄研修

沖縄空手|館長のブログ

北海道支部沖縄研修

少林寺流求道館北海道支部が沖縄総本部研修旅行で昨日から三泊四日の日程で沖縄を訪れた。
同支部は二年前に全沖縄少林寺流空手道協会の支部を名乗ったばかりである。
だが驚くことに、昨年夏の北海道大会での演武大会や型セミナーを通じて、ほぼ完璧に型の修正を行っている。
支部長を始めとして、指導者の資質によるものであろうか、その活動には目を見張るものがある。
今回の沖縄研修へ北海道の子供たちが参加するということで、沖縄の子供たちを交えて「型の交流大会」を開催した。
その結果、北海道の子供たちが一つ一つの技を丁寧に演じる姿は、審判団の評価が高く、多くの入賞者を出した。 CIMG0481.jpg
沖縄の子供たちも今回の交流試合は刺激になったにちがいない。
北と南の子供たちが空手を通じて交流深めるとともに、競い合ってより高いものを創りだしてくれるだろう。
こうした取り組みを通じて、少林寺流空手道の底辺拡大と後継者の養成につながることを期待したい。


2008年8月 2日 21:53 |

PAGETOPへ