TOPへ館長のブログ > 稽古場における「礼」って

沖縄空手|館長のブログ

稽古場における「礼」って

空手の稽古場を道場という。
今は、体育館や集会所等の公共施設を利用することが多い。
空手道は何時何処(体調が悪いときでも・・・畳一枚の上・・・)でも修行ができると教えられました。
日常の至るところ、道を学ぶ場所なので、すべての場が「道場」だ。
これは「直心是道場」という考え方です。
PIC00049.jpg
稽古場(教室)における三つ礼がある。
これは子供たちとの約束ごとでもある。
稽古場へ出入りするときの礼がある。
稽古をする特別な場所なので、出入口で、感謝の気持ちを込め姿勢を正します。
そして、「こんにちは」と大きな声で挨拶します。
稽古が終わって、帰るときも出入口で「失礼します」「ありがとうございました」と感謝を込めて礼をする。

次は、稽古始めに、正座しての神前への座礼がある。
「調身」「調息」「調心」と身を整え、呼吸を整え、心構えを得るために坐禅をする。
そして、正座し、神前(神棚がないので正面を神棚として)へ向かい黙って座礼する。
神体へ「空手を精一杯しますので見守ってください」と誓い、同僚へは「よろしくお願いします」と座礼します。
稽古を終わるときは、正座して黙想し、心を落ち着けてから「ありがとうございました」と感謝の座礼をします。

更に次は、先生やお互いへ感謝や尊重の意を示す座礼があります。
「ありがとうございました」「お疲れさまでした」と声を発して行います。
その際、同僚の練習生は左右に座っていますが、正面を向いたまま座礼して、気持ちは左右の同僚へ配ります。
道場は、道を学ぶ場所なので、体育館だろうが、集会所だろうが、稽古場では、しっかりと教える必要があります。

ところで道場で座るときの慣わしがあります。中国から伝わった作法です。
道場での上座の場所についてであるが、神棚がある場合は正面の中央が「正中」で一番尊い位置のようです。正面両脇の席次は左が上位で、右はその次です。
玄関から入って正面に神棚がある場合は、右手が上座ということになります。
間違っても正中を後ろにして座ることがないようにしましょう。


2008年8月27日 22:50 |

PAGETOPへ