TOPへ館長のブログ > 十五夜村遊び・・・

沖縄空手|館長のブログ

十五夜村遊び・・・

昨日は十三夜で月も美しく、古くから「後の名月」といわれる。
この連休期間は、那覇まつりをはじめ多くのイベントがある。
連休中日の今日、近くの集落で「十五夜村あしび」があった。
CIMG0558.jpg 旧暦八月十五日の「中秋の名月」は有名だが、よく晴れるこの時期の月も美しい。
会場となった近くの我謝公園は、観月会を兼ねた多くの区民や見物客で溢れていた。
小生の住む集落と隣接する西原町我謝は、大きな旧集落で多く著名の士を輩出する。
そこでは、獅子舞いや組踊り、大綱引きなど・・いろいろな伝統芸能がある。
今回沖縄伝統の組踊り「久志の若按司」が57年ぶりに復活し、上演された。
配役は素人で、2年も前から復活上演にむけ稽古を重ねてきたと言う。
その演技力や区民総出の手づくりの舞台設営が素晴らしく感じた。
そこは、伝統芸能が生まれ、保存継承されていく土地柄なのだろう。
そこに住む区民の団結心やその力は絶大だ。


2008年10月12日 20:11 |

PAGETOPへ