TOPへ館長のブログ > 「空手の日」に因んで・・・

沖縄空手|館長のブログ

「空手の日」に因んで・・・

先日新聞社へ投稿した論稿が採用され、今日の朝刊に掲載された。

勿論初めての投稿で、初めての採用であるので嬉しかった。

20081025okitai.jpg
空手の日に因んで、「空手」と「唐手」を考えようということを当時の社会背景に視点をおいて書いたものだ。

72年前の今日、斯道の大家が集結し、これまで馴れ親しんだ「唐手」に替えて「空手」という表記を決定した。

3年前、県議会はその日を「特別な日」として歴史に残すため、空手の日の宣言に関する決議を行なった。

沖縄空手が世界平和と人々の幸福に貢献することを願い、今後の発展を期するのがねらいである。

でも、唐手の表記が何故?空手に替わったのか説明が無いので、あえて歴史的事実をあげて考えることにした。

武器なき平和な王国の武術たる空手の本場「沖縄」において、古くから使われた唐手の表記が替わったことについての意味に触れることなく、ただ「特別な日」としてだけで、「空手の日」の宣言を行ったとしたら寂しすぎます。


2008年10月25日 20:37 |

PAGETOPへ