TOPへ館長のブログ > 2009年度前期昇段審査

沖縄空手|館長のブログ

2009年度前期昇段審査

今日は日曜日、理事会に先立ち2時から全沖の昇段審査があった。
段位称号部会長を務める常延先生を拳誠会道場まで案内した。 CIMG1485.jpg CIMG1488.jpg
受験者は九段、八段、七段、五段の実技試験で型、組手、空手に関する論文が課せられる。
受験者7名が緊張した面持ちで試験に挑んだ。
結果は全員合格したが、審査に当たった先生方の講評は辛い評点のようだった。
新しく認定された段位に相応しい武技を備えるよう日々鍛錬してほしいと複数の先生が話していた。
今回は少林寺流から高段者の受験は無かったが、各流会派段級審査委員会が行う四段以下の受験者にも厳しく臨む必要がある。
近年、その審段級査委員会の機能が休止しているのは寂しいように感ずる。
各会派任せの審査も申請に限らず、実施試験の報告を求める必要があろう。


2009年5月31日 23:00 |

PAGETOPへ