TOPへ館長のブログ > 県代表選手選考・・・

沖縄空手|館長のブログ

県代表選手選考・・・

世界大会の開催まであと90日。
今日16日(土)、県立武道館アリーナで県代表選手選考会があった。
14種目で争われ、ベスト8以上が本戦へ進出だ。
教室の指導員三人と共に選考会へエントリーした。
空手道の型成年男女と古武道のサイ・シニア女子、棒・シニア男子の四種目にチャレンジした。
結果は女子の空手道型の成年と古武道サイのシニアが三位入賞を果たし、
8月の本戦への出場資格を得た。 CIMG1428.jpg
本戦に向けて更に練習を重ねて、十分に日頃の練習の成果を発揮して欲しい。
小生も長いこと競技の舞台から遠ざかっていたが、練習生の挑戦に奮起して、古武道の棒シニアで参戦した。
結果は2回戦からであったが、徳嶺の棍を演じて敗退した。
徳嶺の棍は、少林寺流、唯一、流派で継承する棒の型である。
この演目でみごとに粉砕されたので、不思議とスッキリした。
数ある棒の型で一つを窮めるより、競技者として見栄えのある幾つかの型をマスターすべきか迷うことがある。
徳嶺の棍でも十分にいけそうだ。
これからも機会があればチャレンジしたいものだ。


2009年5月16日 22:45 |

PAGETOPへ