TOPへ館長のブログ > 2009年7月

沖縄空手|館長のブログ

今日の空手・・・

世界大会まであと20日。
取り組みも山場で、今日は武道館で総合リハーサルが行われている。
ちょうど同じ時間帯の空手教室である。
学校では先週から夏休みに入っている。
気のせいだろうか、子供たちの稽古にしまりがない。
結跏趺坐でたなごころをつくり目を半開きで行う坐禅でも
落ち着きがなく数十秒と座ることの出来ない子どもがいる。
喝を入れ、世界大会で予定する「ヤングライオン」の稽古を行うも覇気に欠ける。
普及型Ⅰの演武も全然気合いが入らない。
普段は昼寝の時間なのだろうか・・・あくびする子もいる(^_^;)
気合いを入れ直し、発奮させ繰り返し型稽古を行った。
本番まであと2週なので一生懸命頑張って欲しい。

子供が済んで大人の部・・・
世界大会には求道館関係者が一堂に会して、合同演武を予定する。
アーナンクー、セーサン、パッサイと立て続けなので、瞬発力に持久力が要求される。
動作の区切りを確認しながら号令合わせを繰り返す。 CIMG1528.jpg
広い会場の交流演武では日頃の練習の成果を発揮して欲しいものだ。
教室から型競技に成年女子の部にエントリーする。
また、他の稽古場の在籍だが、教室から古武道「釵」のシニア部にエントリーする。
力強く、気迫のこもる技で少林寺流空手道の真価を発揮して欲しい。
来週から大会での活躍を期して、強化練習を行うので頑張ろう!


2009年7月25日 23:51 |

世界大会交流演武の号令・・・

沖縄伝統空手道世界大会初日の14日(金)午後2時から交流演武会が行われます。
全沖縄空手道連盟割振りされた30分に「全沖縄少林寺流空手道協会」所属の会派や支部によるアーナンクー、セーサン、パッサイの合同演武があります。
県外から参加の皆さんとの事前の打ち合わせができませんので
当HPを利用してそれぞれの型における動作の区切り=号令合わせ行いたいと思います。
先日、当ブログ紹介した求道館での当地メンバーで確認しました。
笑う 大会参加予定の関係者にあっては内容を確認して練習して下さるようお願いします。

■アーナンクー(15号令、1気合い)
気をつけ!立礼。
用意姿勢(結び立ち)
1.        左斜め手刀
2.        右斜め手刀
3.        左外受け→連続突き
4.        右外受け→連続突き
5.        左足を引き右足そろえ結び立ち
6.        双手割受け→挟み→右追い突き
7.        左斜外受け→連続突き→蹴り→突き
8.        右斜外受け→連続突き→蹴り→突き
9.        正面猿臂(※気合い)
10.     下段払い
11.     右追い突き→外受け(猫足姿勢)※撞木立ちにならぬようにね(^^)
12.     忍び足にて右蹴り→下段払い→左突き→右受け
13.     右手刀
14.     左手刀
15.     結び立ち(終礼前姿勢)
演武がセーサン・・・に続くので実際の終礼はパッサイだけ行う。
3、4、7、8は間合いを意識(二拍程度)して号令をかけるそうです。 

セーサン(22号令、2気合い)
用意姿勢(結び立ち)
1.        左足進め、額右側にて左右腕交差・・・右突き→肩と肩甲骨意識して引く
2.        右足進め・・・左突き→※前同様に引く
3.        左足進め・・・右突き→※前同様に引く
4.        双手割受け(※気合い)→演武線を後方に構える
5.        右開手受け→肩と肩甲骨意識して引く
6.        左開手受け→肩と肩甲骨意識して引く
7.        右開手受け→肩と肩甲骨意識して引く
8.        左外受け→連続突き→蹴り→突き
9.        右外受け→連続突き→蹴り→突き
10.     後方へ外受け→連続突き→蹴り→突き→外受け
11.     猫足で左腰にて右裏拳の構え
12.     右裏拳→外受け
13.     前方へ忍び足にて前蹴り→下段払い→突き→受け
14.     猫足で右腰にて左裏拳の構え
15.     左裏拳→外受け
16.     前方へ忍び足にて前蹴り→下段払い→突き→受け
17.     猫足で左腰にて右裏拳の構え
18.     右裏拳→下段払い→突き→受け
19.     左右の足入れ替え、左開手で掴みの姿勢
20.     蹴り→突き(※気合い)
21.     虎口の構え→締める(左右手首外側へ十分に曲げて姿勢を保つ)
22.    結び立ち(終礼前姿勢)

 ■パッサイ(22号令、1気合い)
用意姿勢(閉足立ち。右拳左開手で構え)
1.        前方へ進み添え手受け→両脇広げて誘い手
2.        後方へ右開手にて受け→左掌底突き
3.        前方へ左開手にて受け→右掌底突き
4.        右方へ右開手にて受け→左掌底突き
5.        右方へ左開手にて受け→右掌底突き→前方へ右拳掛け受け
6.        前方へ右相突き
7.        前方へ左相突き→体側へ左右両拳を重ねる
8.        右探り手
9.      左探り手
10.     右探り手→左探り手→双手掴み
11.     右膝蹴り→足刀(※気合い)→後方へ左手刀受け
12.     右手刀受け→双手受け→挟み→追い突き→前方へ山構え
13.     右下段払い→後方へ中段突き
14.     右足払い→右猿臂→右下段払い
15.     上下腕刀受け→右下段払い→後方への立位構え(拳両腰)
16.     右の鉤突き→立位へ戻る(拳両腰)
17.     左の鉤突き→立位へ戻る(拳両腰)
18.     右の鉤突き→正面へ右外受け
19.     左外受け
20.     左探り手
21.     右探り手
22.  結び立ち(終礼前姿勢)
止め(結び立ち)
気を付け!立礼。

→退場

以上です(^_^;)

なお、変更があるときは直前の稽古で修正お願いしますm(__)m


2009年7月23日 23:48 |

沖縄古武道の醍醐味・・・

縁があってM先生(古武道十段)に師事し、直に指導を受けている。
師は現在社団法人沖縄古武道連盟副会長の要職にある。
数少ない又吉系古武道の伝授者で、高齢ながら生涯現役を実践する。
毎週日曜日、師の居住する北部から稽古場まで指導に真っ先にやって来られる。
その姿は、斯道の修行者が目標にする空手・古武道家として尊敬する。 CIMG1524m.jpg
徳嶺ぬ棍や志喜屋仲ぬ棍は40年近く振っているが、
系統化された沖縄古武道を学ぶことは斬新で稽古日が待ち遠しい。
朝雲、周氏、津堅、佐久川、添石の棍と釵Ⅰ、Ⅱ、千原の釵、トンファーがあるが、
志喜屋仲の棍同様、棒の型が添石系棒術が多いので強い関心を持つ。
少林寺流で伝わる徳嶺、保存会で継承する志喜屋仲に加えて、
又吉系古武道に伝わる技と心を窮めたい。
少し遅れた入門年齢だが、周囲の先生方の励ましに
背中を圧されながら一層頑張りたい。
これぞ沖縄古武道だ!その醍醐味を味わいたい。


2009年7月21日 23:44 |

交流演武合同稽古・・・

今日は海の日。
近くのビーチは海水浴で賑わっていた。
沖縄伝統空手道世界大会まであと25日。 CIMG1523.jpg
うだるような暑さの中、求道館本部道場で交流演武会の合同稽古を行った。
本日の参加は西原道場四人、大川道場、千武館、洗心館の各一人の計七人。
大会初日の演目、アーナンクー、セーサン、パッサイの号令合わせを行う。
四方に向きを変え繰り返し行ない、念入りに呼吸と区切りを確認する。
門弟が求道館へ稽古に馳せ集まるのは何年ぶりだろうか・・・
常延先生の面前なので、号令合わせの稽古だがつい力も入り汗ぐっしょり。
久しぶりに賑わいを見せた求道館で先生の話しも力がこもり、嬉しそうだった。
大会本番までに、あと一度は合同稽古行うことを確認した。
大会の成功をめざして頑張りましょう!


2009年7月20日 23:42 |

これは圧巻!!・・・

第21回全沖縄少年少女空手道大会が沖縄コンベンションセンターで開かれた。
沖縄空手道の底辺拡大と少年少女の健全育成を目的に開かれ、今年で21年だ。
県内の123道場から728チーム、2299人がエントリーする県内最大の催事だ。 CIMG1509.jpg CIMG1512.jpg CIMG1515.jpg CIMG1522.jpg 沖縄空手道少林寺流振興会与那原教室から小学3・4年クラス2チーム、中学1~3年クラス1チームの3チームが参加した。
入賞は逃がしたものの子供たちには良い経験になったに違いない。
午後に行われた中学生の競技から大人顔負け?の演武もある中、子供たちが健闘したのが嬉しかった。 CIMG1516.jpg
暑い中、子供たちの応援に駈けつけてくれた御父母のありがとうございますm(__)m
子供たちが楽しく教室の空手ができるよう守り立ててくれることを願っている。
これからも子供たちを励まして、空手を続けさせてくださいね☆~
強くなるより、長く続ける空手の方が難しいです☆-


2009年7月12日 23:32 |

PAGETOPへ