TOPへ館長のブログ > 今日の稽古・・・

沖縄空手|館長のブログ

今日の稽古・・・

10月下旬。
寒露が過ぎ、明日は霜降。
本土では楓や蔦が紅葉し始める頃だ。
当地もだいぶ涼しくなる頃だが、台風の影響なのか蒸し暑かった。
求道館での自主稽古が習慣として、すっかり定着した。
目的は技術的なことの向上でもなく、稽古に通う門下生が皆無に近いので、恩師の拝眉がてらである。
大量に空手の時間の取れるような自由人は多くはいないので、相棒はいつもAさんだけだ。
門人札のほとんどが県外在住の方で、現地のメンバーは仕事に追われ稽古へ顔出すことがない。
若い頃、毎日道場へ通い、週一度、稽古に来る人を不遜にも鼻で笑っていた。
身体を鍛え強くなりたいと一心に稽古した。 CIMG2090.jpg
CIMG2091.jpg
巻藁やサンドバッグを突き、ダンベルやバーベルで筋トレまで道場でやった。
ご時勢は家庭や仕事など道場通いには困難が伴い、いまや、空手は個人的趣味でしかないのだ。
Aさんは、いま後期高齢者(失礼!)だが、個人的趣味を楽しんでいる。
まるで人生も、空手も丸ごと関わって、それを謳歌しているようだ。
夢と好奇心から持ち続け、若い頃できなかった道場通いを実現した。
五十の手習い・・・いや六十の手習いで始めた棍法。
そして少林寺流が継承する空手の型。
更に津堅の棍や添石の棍をマスターしたいという。
生涯現役の空手人・・・それが似合うAさんである。
Aさんも来月が誕生日だという。
萬歳!!


2009年10月22日 12:47 |

PAGETOPへ