TOPへ館長のブログ > 強風下の教室・・・

沖縄空手|館長のブログ

強風下の教室・・・

本島では、午後から台風20号の強風域に入ったようだ。
周辺の学校では先週から新型インフルエンザの流行で学級閉鎖も始まった。
学校では週末の外出を控えるよう呼びかけているという。
参加者は子供4人、大人4人、計8人。
こんなに数の少ない稽古場は初めてだが、集中して指導ができる。
教室のあるコミュニティーセンターは町内東の海岸寄りに位置する。
今日は強い海風が、直接吹き込むので窓は開けられない。
座礼後、結跏趺坐にて、たなごころをつくり坐禅を組ませる。 CIMG1125.jpg
人数が少ないので、定位置基本稽古はサークル状で行う。
それぞれ相手がよく見えるようにと・・・
丁寧に突き、受け、蹴りを行わせる。
移動基本稽古では運足の細かく注意して行わせる。
この頃から汗ばんでくるが、窓は閉じた状態で続ける。
普及型Ⅰ、Ⅱ、アーナンクー、ワンシュー、セーサンを全員で流して子供たちは下がる。
大人でパッサイ、五十四歩を行ない子供たちに見せる。
その後、休憩はせず、サークル状の中心で一人ずつ好きな型を演武させる。
普段、隣りを見て真似る子も、今日ばかりは自力で演じようと懸命に努力した。
それぞれが終るごとに、良かったところや悪かったところを出させる。
演武力と発言?力が一致しないのが子供の世界なので面白い。
着眼、腰位置、引き手の甘さ、技の曖昧さ(上段突きか受けか)等々・・子供なりに見ている。
今後の自分の演武に活かしてくれるだろうか・・・。
その後はミット打ちをやらせるが、順番の回りが速いので、喜んでここぞと打ち込んでいた。
子供は先に帰して、大人は棍法の稽古を始める。 CIMG2092.jpg
上段脳天打ち、首打ち、下段脛打ち、掛け受け突きの基本棍法で予備運動を兼ねる。
その後、徳嶺の棍、朝雲の棍を丁寧(理合付き)に繰り返し行った。
突き技と貫き技の違い、下段ハネ受けや流し打ちの注意点を説明する。
どんなに無理な力を加えるより、しなやかなフォームで振り切る方がより強いこと・・・
それが身に付いたとき、大きな進歩があるだろう。
教室の練習生が古武道で個人演武をやってくれるのが楽しみだ。


2009年10月24日 12:52 |

PAGETOPへ