TOPへ館長のブログ > 去り行く年と来る年・・・・

沖縄空手|館長のブログ

去り行く年と来る年・・・・

今年もあと一日になってしまった。
一年を振り返るといろいろあった。
今二度と来ない年と分かっているが後悔の念も尽きない。
去年も同じような感じで大晦日を迎えた気がする。
歳と共に過ぎ去る一年が早いこと・・・
1月から所属する「手を語る会」の20周年記念誌編集の準備が始まった。
3月は全沖縄空手道連盟の大演武大会と手を語る会20周年記念演武大会があった。
いずれも出演して自己の修行の証しを立てることができた。
5月は沖縄伝統空手道世界大会への出場を目指し県選手選考会へエントリーするが惜敗。
6月は町体育協会の競技に参戦し、郡体協へ進出するが苦杯をなめる。
8月は世界大会の交流演武・競技・セミナーと各イベントへ参加した。
外国人(フランス、ドイツ)の稽古場を訪問して、多くの空手・古武道関係者との交流を深めることができて良かった。 CIMG2126.jpg
主宰する空手教室では年二回の進級審査を実施して、練習生は無事した。
全沖縄少年少女空手道大会へ3チーム9名を出場させる。
12月には恒例の育成大会を和道館との共催で無事終えるが、例年同様練習生が活躍した。
個人的な出来事では、4月から(社)沖縄古武道連盟に古武道修行で入門し、12月には古武道の段位称号試験に挑戦した。
10月には志喜屋仲の棍保存会へ20代の会員を迎え、活動が再開した。
今、週4日の稽古日で充実した修行人生を送っている。
家族や周囲の方々・・・そして環境にも感謝している。
去り行く年は、それでも個人的にはやり残したは多多ある。
来る年庚寅も、同様、良い年になってくれると良いですが・・・
人生はケセラセラですね~(笑)


2009年12月30日 20:27 |

PAGETOPへ