TOPへ館長のブログ > 沖縄スポーツ界の偉人

沖縄空手|館長のブログ

沖縄スポーツ界の偉人

昨晩、那覇市内のパル・ド・メールさんで手を語る会の新歓コンパがあり参加した。
会が創立21年を向かえ、活動の活性化を図るべく新顔10名を迎えた。
緊張するなかメンバー10名の自己紹介があり、年齢の若返りとともに空手への思いや抱負が語られ、心強く感じられた。
CIMG3372.jpgこの店はフランス料理やワインが堪能できるのでこれまで何度か利用するが、店主の宮城氏とお話しする機会があった。
宮城氏の父は国内スポーツ界の有名人で知られる。
沖縄に「日本一の男」と言われた円盤投げの勇者宮城榮仁氏である。
1939(昭和14)年に円盤投げで日本記録を樹立し、国際陸上競技大会で5位入賞した。氏は1940年には記録を更新してその後18年間記録保持者となった伝説の偉人なのだ。
息子さんに父親の活躍ぶりを綴ったファイルを見せて貰った。どれも戦前の新聞記事で貴重な物であった。
CIMG3381.jpg投擲や中距離などスポーツと真摯敢闘された方なのだが、一枚の写真に釘づけとなった。
氏は常延先生の先輩にあたる県立農林学校出身で喜屋武朝徳先生から空手を教わったという。
写真は三重高等農林学校(現三重大学農学部)在学中に撮られた言うが、筋骨隆々の勇姿に思わす息を飲む。店主によれば父親は身長168cm程度であったが肩幅が大きい方だったいう。
喜屋武先生に教わっただろう「セーサン」型なのだろうか、写真に写る胸の厚みに驚嘆する。
引き手の位置でも首里手系の特徴を良く示してように思う。
隣り個室では元県知事が経済界との会食もあって、帰り際、わざわざ挨拶に見えた。
ブログへの写真転載を快諾して貰った店主が、空手の関係者の集りへ特に御贔屓する理由も分かるような気がした。(感謝)


2010年4月29日 15:03 |

PAGETOPへ