TOPへ館長のブログ > 少年少女空手道大会

沖縄空手|館長のブログ

少年少女空手道大会

県立武道館で全沖縄少年少女空手道大会があり、少林寺流から6チーム(与那原2チーム、佐敷1チーム、糸満3チーム)が参加した。
昨年の大会より規模が大きく、128道場、755チーム、2393名が参加し熱戦が繰り広げられた。
CIMG3500.jpg CIMG3504.jpg空手道を通じて、児童の心身のを鍛え、健全育成をめざすと共に、空手発祥の地で空手道の更なる普及と底辺の拡大を図るために開催され、今回で22回を数える。
三名以上でチームを編成し、事前に申告した型が演じられる。
CIMG3506.jpg7名の審判団の評価で掲示された点数のうち、最高点数と最低点数を除いた総点数で争う。
結果は残念ながら入賞することはできませんでしたが、与那原や糸満、佐敷の少林寺流の拳士は良く頑張りました。
喜屋武朝徳先生から仲里常延先生に継承された少林寺流の型の存在を意識させることができました。
来年も更に練習を重ねて、より多くのチームが大会へ挑戦できると良いですね。
次の目標をめざして、皆で楽しく練習しましょう。


2010年7月11日 22:19 |

PAGETOPへ