TOPへ館長のブログ > 敬老会と観月会

沖縄空手|館長のブログ

敬老会と観月会

今日は古武道稽古日。
偶然、先方からの呼び出しもあって、早い時間からの稽古開始になった。
が、夕方から志喜屋区の区長さんに敬老の日とお月見会を兼ねた催事に余興を頼まれていた。
千武館館長と共に空手・古武道演武を引き受けていた。
(館長は既に70歳超えたが、ひな壇へ上がりお祝いされるより余興で盛り立てるのが好きだ!という)
 CIMG3611.jpgCIMG3644.jpg古武道の稽古後、高速道路を南下して、会場へ向ったが余興までに時間は十分あった。
まもなく式典が終り余興に入ったが、区民が総出で手作りだったのがよかった。
古典音楽や沖縄民謡も区出身のメンバーで、ご婦人の踊り、日舞、子供エイサーと続き、
 いよいよ出番を迎えた。軽快な揚作田節をBGにして千武館館長のパッサイ、チントー、そして小生の千原の釵、添石の棍を代わる代わる演じた。
CIMG3615.jpgCIMG3627.jpg関与する志喜屋仲の棍保存会も、六尺棒や短棒の演武や組棒を初お披露目、好評を博する。
多くの知人、友人と一緒に、お年寄りの長寿と健康に肖り手作りでお祝いする。
そんな地域のコミュニケーションが大好きである。
千武館館長共々、来年も参加したいですね☆


2010年9月26日 23:26 |

PAGETOPへ