TOPへ館長のブログ > 求道館稽古の再開

沖縄空手|館長のブログ

求道館稽古の再開

仏式では四十九日に忌日が終わるとされ、その日が忌明けとなる。
昨日、恩師の葬儀が済んで三回目の周忌(ナンカ)があった。
DSC_5142.jpg後飾りの遺影に焼香しながら・・・
毎週、求道館での自主稽古に立ち会う恩師。
斜め前方より、眼光炯炯と・・・時には温かい眼差しで指導してくれた恩師。
稽古終了時間に合わせるかのように姿を消し、フクギの下の石垣塀へ腰を下ろしていた恩師。
いつも温かく迎えて、見送ってくれた恩師の姿を思い出した。
求道館稽古を再開しようと、ご遺族へ思いの丈を述べて承諾を得ることにした。
「生前の義父が楽しみにする門下生の稽古であり、喜んでくれるだろう」と快諾した。

CA330139.jpg少しばかり秋の気配を感じる日差しの中、控え目ながらの自主稽古が始まった。
しばし待て、庭を掃く、道場の床を掃く、柄の細い「ほうき」使いがウォーミングアップになった。
座礼にて黙祷を捧げ、アーナンクーから徳嶺の棍の型稽古が始まった。
日差しが弱くなったとはいえ、大粒の汗が流れ出て、安堵感と爽快感が増した。

少林寺流空手道で学ぶ多くの門下生の空手の原点は求道館であろう。
亡き恩師の思いに応えて、今日から求道館稽古が始まった。
恩師もきっと喜んで見守ってくれるだろう。(合掌)


2010年9月28日 20:04 |

PAGETOPへ