TOPへ館長のブログ > 琉舞と古武道

沖縄空手|館長のブログ

琉舞と古武道

琉球王朝時代に国の治安維持や国王の警護のため秘密裏に継がれてきた手や武術をアレンジした琉球舞踊があり、一般に空手舞踊とよばれる。卓越性に富む技術を取り入れ、力強い身のこなしが見応えある。
1977年4月、琉球新報ホールで社団法人全沖縄古武道連盟の第七回沖縄古武道大会が開かれた。各種古武道のなかで沖縄の三線や太鼓のリズムに合わせて、釵やヌンチャクを演じたのが、空手舞踊の初めてだろうか・・・
当法人先代会長の故又吉眞豊氏の振り付けでMM道場が特別出演したものだった。
更には沖縄の舞踊界(女性武道家)で人気のあった糸数カメさんの率いる団体演武「鍬之手」が好評を博したという。沖縄の女性がけして大きいわけでもないが、堂々たる体格が男性に劣らぬ重量感で農具を武器にした姿を演じたという。畑人(ハルサー)の農耕の所作をごく自然に醸しだす見事な演武だったという。

CIMG4208.jpgCA330181.jpgあれから34年が経った。今年の沖縄は観測史上、最も梅雨明けが早かった。
この暑い中、棒・ウェーク・釵の型を学ぶために古武道稽古場に通う親子がある。
琉舞と沖縄古武道のつながりやそれを演ずる人びとの思いもかけない不思議なめぐり合わせがあった。
玉城琉扇寿会傘下の琉舞道場のU氏と娘なのだが、紅一点ならぬ女性の参加で、古武道連盟の先生方も指導に熱がこもる。
実はU氏は、糸数カメさん率いる一座で育った舞踊家で女性武道家である。
琉舞のなかに、ウェーク手を取り入れて演ずる予定だそうだ。
今後は、沖縄戦激戦地だった南部の八重瀬町で自己の主宰する琉舞道場での稽古が主になるそうだが、今後、母娘の空手舞踊のコラボを観ることができるだろうか。
ご活躍を期待する(祈)


2011年6月19日 20:17 |

PAGETOPへ