TOPへ館長のブログ > 2011年8月

沖縄空手|館長のブログ

全沖型選手権大会

旧盆が過ぎ、夏の暑さが少し和らいだように感じる。
今日は宜野湾市の沖縄国際大学体育館で全沖縄空手道連盟型選手権大会が開かれた。
朝早くから、会場に大会役員や要員、選手が詰掛け、会場が賑わった。CIMG4610.jpg
小学校3クラス(学年別)、中学校2クラス(男女別)、一般男子2クラス(段、級)、一般女子1クラスに211人がエントリーして午前中に予選、午後から準決勝・決勝を行い、熱戦を繰り広げた。
与那原教室は例年より少なめで、小学校3、4年クラスに2名、小学校5、6年クラスの2名、一般男子に3名、計七名が型試合に挑んだ。
先に行なわれた全琉大会や少年少女大会を踏まえて、今大会は今年の主な大会として練習に取り組んだが、選手の皆さんには、思うような結果を出すことができなかった。
今日は選手同様に少し凹んだ気分なのだが、競技には最善を払うも、勝ち負けは時の運だ。
そう言い聞かせて、捲土重来を期したい。
いつかは、日頃の努力の成果を収める時がやって来るだろう。
選手の皆さん、大変お疲れさまでした。また、楽しく練習に励みましょうね。
応援して下さったご父母の皆さん、ありがとうございましたm(__)m


2011年8月21日 21:08 |

ヌーバレー探訪

旧盆明けの今日、南城市の各地にヌーバレー(野払い)があった。
とりわけ、旧知念村では知名、安座真、久手堅のヌーバレーは有名だ。
CIMG4559.jpg CIMG4561.jpg地域の安寧と五穀豊穣を祈願し、無縁仏を彼の世へ帰す行事とも言われ、区民総出でそれぞれの地に伝わる伝統芸能を楽しむ祭りだ。
求道館で自主稽古を続けるAさんは、出身地久手堅区のヌーバレーで当間殿の奉納演武と公民館前の特設ステージの演武でよく知られる。
祖母宅の仏前参りのがてら、祭り会場を訪ねて来たが、子供エイサー、琉球古典音楽、ハワイアンフラダンス、琉舞、組踊り「鏡の割」(久手堅区の発祥)などの多彩な演目が、区民によって披露され賑わった。
090904IMG_0022.jpg7番目の演目でAさんの出番。棒術と釵術の型演武が連続して始まった。
まもなく八十路のAさん、大勢の観客の前で少し緊張気味ながら、無事、最後まで気を引き締めて演武した。
本人は謙遜気味に・・・「そろそろ引退したい」と言うのだが、まだまだ演じられそうだ。
Aさんは、恩師の教えを守り、生涯武道の実践者として良いお手本を示している。
毎週、屋敷内の掃き掃除は欠かさず、求道館をきれいにして盛り立ててきたAさん。
まもなく一周忌を迎えますが、お盆で帰省中の恩師にも、きっと伝わっていることでしょう(感謝)


2011年8月15日 21:56 |

旧盆の空手教室

今年、珍しく沖縄の盆(旧盆)と本土の盆が重なった。
先日の、あの台風で殆どの砂がさらわれたビーチを走ってきた。
砂浜の整地でパワーショベルが動く中、遊泳客が多いのが意外だった。
当地では旧盆のとき海で泳ぐことはしてならぬと教わった。
「あの世から来た霊が脚を引っ張って溺れさせる」と強烈な脅しがあって海へ行くことはなかった。
時の変化なのだろうか・・・先祖供養の為の休暇も家族主体で活用する価値観の変化だろう。

CIMG4552.jpg CIMG4550.jpg与那原教室の施設も通常どおり使えるので、空手教室は予定通り開いた。
来週は加盟する全沖型選手権があり、7名がエントリーする。
練習生の参加も気になるところですが、15名が参加した。
沖縄が発祥地、世界に誇る空手道は旧盆中であろうが休み無し。
ご先祖さまが支えてくれる。怪我の無いように守ってくれるだろう。
来週の本番に向けて、念入りに型のチェックを行なった。

ご先祖様に肖り、大会での選手の健闘を期待したい(拝)



2011年8月13日 23:20 |

初穂ゴーヤー便りから

暑中お見舞い申し上げます。

今年の夏は暑い。
節電、節電で、ホームセンターではゴーヤーや朝顔の苗がよく売れたという。
つる性の植物をネットに這わせて窓の外に立てかけたり、コンクリート建物の壁を這わせたリするのだ。集中豪雨や熱帯夜の原因といわれるヒートアイランド現象の緩和なればと、多くの家庭や職場でも緑のカーテン作りが流行っている。つる性の植物がゴーヤーやキュウリだと緑のカーテンの遮光や葉の蒸散作用で、涼みに加えて食材まで提供するので一石二鳥だ。
当HP常連のワンコさんから夏の風物詩「緑のカーテン」づくり・・・初穂ゴーヤーの便りがあった。
三葉の写真を添えて以下に紹介し、道友の皆さんへ暑さのお見舞い申し上げます。
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
わんこゴーヤーの収穫!
ちょうど1ヶ月ほど前に職場で苗から育てていたゴーヤが、
ついに、収穫できるまでに育ちました\(^o^)/
黄色い花が咲いて、小さい実が生り、大きいゴーヤに成長しました☆
20110803141142.jpg 20110803140844.jpg正直、生育環境がかなり悪く、(鉄板の上にプランターを置いてるようなもので、
晴れれば40度位になってたハズ)
無事に育つかしら‥?と、少し心配だったですが、
ゴーヤは強いですね~♪20110804114713.jpg
同じ時期に植えたキュウリも、収穫出来るまで育っています(^-^)b
どんなに悪い環境でも、手間暇かけて愛情を込めれば、生き物は育つんだなぁ...
と実感し、同じような事が、植物だけじゃなく、
色々な事柄にも当てはまるかしら‥
と、ワンコは少し詩人になって考えました(笑)
もちろん、収穫したゴーヤは、有り難く調理して、頂きましたよ☆
小さいけれど、苦味がしっかりあって、パンチの利いた味でした(^-^)b
今なお、何本も育っているので、その内、本当に沖縄に送れるかもしれません(笑)
今年は台風が多く接近しそうなので、気をつけて下さい。
                         (By 通りすがりのワンコ)
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
昨年、「県民が怠惰でゴーヤーも育てられない」と
放言したケヴィン・ノータリン・メアさん。
あなたはオフレコの話と逃げたが、県民の怒りで更迭されました。
人が本音と建前で生きる、他人の生き方までは否定しませんが・・・
あなたの心無いその言葉が、どれだけ多くの人を傷つけたでしょうか。
昨年の25年ぶりの冷夏、今年は台風が続き、ゴーヤーはたしかに品薄です。
でもノータリンさん。あなたには冷夏も台風も関係ないでしょうね。
おじぃ~、おばぁ~も、傷ついたゴーヤーを丹精込めて育てました。
気象条件の厳しい下、ツルはしっかり伸びて、緑の実をつけています。
皆さん、ゴーヤーチャンプルーで暑い夏を元気で過ごしましょう♪


2011年8月 3日 22:33 |

PAGETOPへ