TOPへ館長のブログ > 教室の初稽古

沖縄空手|館長のブログ

教室の初稽古

今日は土曜日、松の内の最終日。
与那原教室で今年初めて練習があり、15名の練習生が参加した。
昨年の練習納めのとき、後期の進級審査とささやかなクリスマス会で最後の練習を楽しんだ。
年末・年始をゆっくり過ごしたのか児らも幾分ふくらかな様子なのだが、昨年の進級審査の結果を待遠しげだ。
一年に前期、後期で二度の進級審査を行なっている。
与えた昇級の課題をクリアできずに一年間宿題を抱えて頑張ってきた児もいる。
それぞれが目標にしてきた課題はいろいろあるが、全員の進級の目指した空手教室を運営してきた。
CIMG5408.jpg具体的には、空手の基本動作を理解し実施できる。
一人で正しい姿勢で型を演じることができるなどである。
審査の結果、上級位者一名、下級位者二名含む九人が進級した。
次の級位を目指して更に頑張ってほしい。
基本動作が理解が十分でない児、途中で立ち止まって最後まで演武ができない児など四人がいた。
進級の基準を超えることができなかったことは残念だが、今年一年頑張って是非基準を達成してほしい。
そして空手を通じて、心も身体も大きく成長して、それ以上の大事なものを見つけて欲しいと願う。


2012年1月 7日 20:00 |

PAGETOPへ