TOPへ館長のブログ > 合同練習で初始動

沖縄空手|館長のブログ

合同練習で初始動

センター試験2日目。
例年より気温が高めで23度まで上がったというが、受験生には良かっただろうか。
もうすぐ受験生には試練の春がやってくるが、悲願を達成してほしいものだ。
受験生を持つ親御さんにとって、誠に穏やかならぬ御時節柄ではあるが、古武道の全県合同稽古があった。
CIMG5418.jpg新しい年を迎え、日々鍛練に励み、益々の飛躍を祈念する初稽古である。
稽古場となったうるま市B&G海洋センターには、定刻前から、新年の抱負を抱いて北部や中部、南部から会員が集まった。
一同で神前に座礼。M会長から新年の挨拶を受けた後、さっそく棒の基本運動が始まった。
年末・年始休ませた心身を馴染ませることもなく、全開で元気一杯振り込む。
ところどころで六尺棒が撓る音も聞こえた。
継承する朝雲の棍から型の反復練習が始まったが、小休止することもなく添石の棍まで流す。
CIMG5420.jpg指導にあたる先生方から操法に関する説明があった。
釵やトンファーのすべて型を全員で丁寧に流して、反復練習して、予定する初稽古メニュを終える。
社団法人全沖縄古武道連盟会員が一堂に会し、相互の親睦を深めて、一年間の精励を誓い合う場となった。
同時に開かれた理事会にて、毎月第二日曜日午前中に全県合同稽古を行なうことを確認し、多くの皆さんに参加を呼びかけることが提起された。
古武道連盟の発展と会員の力量アップをめざし、全県合同稽古が活発になることを願う。
新しくなった体制へ協力して頑張りましょう♪

2012年1月15日 22:19 |

PAGETOPへ