TOPへ館長のブログ > 春の風物

沖縄空手|館長のブログ

春の風物

気温も26度超え、すっかり当地は初夏。20120409102132.jpg
本土に住む知人から桜の開花の便りが届いた。
桜は日本の文化と密接に関わり日本人の一番好きな花らしい。
一葉の写真なのだが、確かに心を和ませてくれる(感謝)。

今日は求道館の自主稽古日。
午後から稽古場へ向かうが、新しく開通した隣町の海岸線の道路を車を走らせる。
高校で学んだ母校を超える辺りから、中城湾の碧海と知念の須久那山(すくなむい)が広がり、よいコントラストをなし気持ちがよい。

PO20120410_0000.jpgこの海岸一帯は沖縄を代表するヒジキ自生地である。

昨年は対岸の製油基地でタンカーの接触事故で油が大量に流出して収穫を見合わせた。

今年の収穫はどうだろうか

南国沖縄にも春の風物詩をみる。
近くの漁業関係者が一斉に繰り出すヒジキの収穫作業は、今が旬なのだ。
近くの海岸に目をやると収穫作業が始まっている。
遠く離れた土地での桜の開花たより・・・南国沖縄のヒジキの収穫作業の出来事・・・
偶然なのだが、北も南も春はまさにたけなわだ。

PO20120410_0003.jpg求道館には新しい練習生を向かえ、久しぶり活気付く。
一度も空手を経験したことが無い新人なので、これからの成長も楽しみだ。
さっそく今日から定置や移動の基本稽古に普及型を指導した。
強くなることよりも、健康な身体とナイス・パーソンを目指して頑張って欲しい。
此処でも春のつぼみが咲き、新たな修行がスタートした。(歓迎)


2012年4月10日 19:37 |

PAGETOPへ