TOPへ館長のブログ > 北国から From Sweden

沖縄空手|館長のブログ

北国から From Sweden

スウェーデンからメールが来た。
時の流れは早いものだ。空手の縁で北欧まで一人旅して半年が経った。
滞在中は言葉の壁には随分苦しんだ。
それでも空手や古武道を媒体にするコミュニケーションが役立った。

HPの開設後、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどからメールを戴く機会も増えた。
言語がすべて英語なので、返事を書くにも相当の時間がかかる。
scenery from the palace park.jpg苦労して書いた英翻訳が正しい文章とも限らず、意思の疎通も不安なのだ(笑)
年齢ともに固くなった頭を刺激しながら、語学学習に取り組むが長続きはしない。
唯一、現地の友人とのメール交換がこの学習を支えてくれてはいる。(感謝)
甲斐あって、現地の友人との短文のメール交換なら、何とかやれるようになった(^_^;)

今年は日本も厳寒だったが、スウェーデンも厳寒に違いない。
IMG_2408.jpgでも、地球の温暖化の影響なのだろうか、気温の乱高下が激しいようだ。
氷点下20度あった気温が翌日は一気に22度も上昇することも伝えてきた。
そんな中、寒さに負けず、少林寺流のKATA Tournamentがあったという。
Stockholmから北に位置するアーランダー空港近くのMastaで活動するRobert氏の稽古場だ。
恩師の兄弟子の奥原文英先生の流れを汲む門下生たちである。
Robert氏は沖縄伝統空手を更に深めるために来日を重ねて、常延先生へ師事した。
拳聖喜屋武先生を道統にする空手なので、沖縄の空手と遜色もなく入ってくることができたのだろう。
今後も日本とスウェーデンの武道交流を通じて、沖縄の空手道が世界へ広がり、
お互いが向上することを願う。

PO20120412_0002.jpgちなみに大会の結果は・・・
☆1st place ・・・ Ivar
☆2nd place ・・・ Lasse
☆3rd place ・・・ Elias
と綴っていた。

昨年、合宿地を訪ねたときの皆さんが懐かしい。
自転車で肩に六尺棒を担いで練習へ来た人 Ivarくん・・・
得意なトランペットを吹いて玄関先で迎えた人 Eliasくん・・・
滞在中の宿と食事を世話しホームパーティーで美味しい魚料理を作ってくれた人 Lasseさん・・・
譲った胴衣がピッタリと似合うのが嬉しかった。
その他・・・大変お世話になったPabloさんご一家、Danielさん、Andersさん・・・皆さんへ感謝する。

Good luck to my Colleague !!


2012年4月12日 13:07 |

PAGETOPへ