TOPへ館長のブログ > 息吹・・・

沖縄空手|館長のブログ

息吹・・・

東日本大震災から一年が過ぎた。
被災地の子供たちへ義捐金を送ろうとヒロシマの空手の団体が呼びかけた。
原爆で多くの人命を奪われ、未だに癒えることの無い内部被爆に苦しむ人々・・・
反戦と反核のメッセージを発信するヒロシマで、東日本大震災復興支援の演武会を企画した。
大地震と大津波、福島の原発事故で困難に立ち向かう人々へ連帯の気持ちを伝えるチャリティー演武会という。
昨日、封書一通で空手団体事務局から賛同メッセージの依頼があった。
恐れ多くも斯道の修行僧には身分不相応な依頼なので、代わりにブログへ載せて応援しよう。

恩師に教わった空手と魂が被災地へ元気を届けることができるようにと・・・早速、稽古場の神前に貼り付けてカメラに納めた。
求道館を盛り立て自主稽古に励むメンバーと共に、演武会の成功を祈り連帯の拍手を送ろう。

沖縄に伝わる「組踊」の手法で、南方詩人の平田大一氏(現沖縄県文化観光スポーツ部の部長さん)が地域に眠る伝承・伝説にアレンジを加えて、次世代を担う若者に元気と感動を与える舞台がある。
様式美を忠実に守る琉球古典芸能「組踊」と区別して「現代版組踊」と呼ばれるが、進取な気象で演じる舞台は革新的ジャンルとして高い評価を得ている。
夕方偶然、現代版組踊「息吹~南山義民喜四郎伝」の話題がTVであった。
福島の原発事故で沖縄に避難する高校生が参加する沖縄での舞台である。
福島は負けない!復興の誓いと沖縄への感謝を込めて演じる姿・・・
感動の渦が巻き起こったと報じていた。

被爆地ヒロシマでの演武大会で、被災地へ大きな元気が届けられるように祈念する(拝)


2012年4月24日 21:59 |

PAGETOPへ