TOPへ館長のブログ > 反復練習は鍛練法

沖縄空手|館長のブログ

反復練習は鍛練法

午後から空手・古武道の練習のため、県立武道館へ向う。
しかし、錬成道場をはじめ、アリーナが専用使用で使えない。
金曜日は千武館の稽古なので、交流稽古をお願いして、南城市に向った。
南部路を、ほぼ40分の道程を走り会場に到着。
まだ、子供たちの姿はなく、少し待たせてもらうことになった。

PO20120720_0013.jpg PO20120720_0003.jpg少し高いところに位置する千武館。今日は海側からの風が涼しく吹いていた。
児らの到着後、この間の暑さから一変して、良い環境での稽古が始まった。
基本稽古に型の反復稽古、約束組手、古武道など、児らが取り組む普段のままの練習をIVar君に観て貰う。この経験を通じて、現地の練習にも役立つだろう。
年齢は近いが体格差は歴然とする両者。それぞれ練習を一緒に行うことで学ぶこともできる。

現地では多くの型を教えず、一つ一つ丁寧に習得することをめざしているという。
短期間で多くのことを学ぶことより、一つの型をより正しく学ぶことを重視する。
数年間の練習後、両者の違いは出てくるのだろうか・・・

空手への原点となった恩師の指導方法、楷書の型の反復練習・・・その有意性も実証されるだろう。すべては合理性があることで、その根拠を有するのだから(^^)
意識の変化から行動の変容を・・・少しでも自己の足元を踏みしめてみたい。

 


2012年7月20日 22:56 |

PAGETOPへ