TOPへ館長のブログ > 夏休みが始まった

沖縄空手|館長のブログ

夏休みが始まった

県下の学校では夏休みが始まった。
与那原教室の練習生の参加は12名。なぜか疎らにみえる。
PO20120721_0005.jpg暑い夏の練習は、体力も消耗する。これだけ暑い集中力に欠ける。
タダ漫然と練習しても向上は望めない。
手際よくメニューを練って、小休止と水分補給に気を払わなくてはならない。
ストレッチで身体を解して、定位置や移動での基本稽古に取り組む。
代わる代わる大きな声で号令を、そして、その呼応しながら練習開始。
普及型Ⅰ、Ⅱ、アーナンクーから五十四歩まで型を進めていく。
気合や気に欠けるところがあれば、すぐ指摘して修正させる。
普段の練習の場でできないことを本番で出来るほどの余裕はないはずだ。
PO20120721_0008.jpg練習のときだからこそ手直しができる。
だんだんと発声が大きく響いてくるのが感じられるとホッとする。
礼儀を教えることや姿勢を正すことは、空手指導のポイントだと考える。
夏休みの期間は低学年の児には、「一人で演武が出来る」こと目標に指導したい。
来週はIvar君の"ウェルカム&さよなら"兼ね、BBQを行う予定である。
真夏の海&空 BBQパーティーへ、保護者同伴で参加し、交流しましょうね。

来沖20日目のIvar君が"MY釵"を購入した。背丈にあう脚の長い道具が良く似合う。
釵Ⅰの型をここまで演じることができた。⇒http://youtu.be/3CP9AK7kXds
修行の証がまた刻まれた。


2012年7月21日 22:07 |

PAGETOPへ