TOPへ館長のブログ > 暑中お見舞い

沖縄空手|館長のブログ

暑中お見舞い

二十四節気は大暑。雲の峰が高く、本格的な夏空を迎えました。
私は少々この暑さがこたえておりますが、連日、仲間との練習を楽しんでいます。
暑さの厳しい折、身体にはくれぐれもお気をつけてくださいますようにお願い申し上げます。
教室の練習生の皆さん、夏休み期間中、暑さに負けず、元気に楽しく練習しましょう。
交拳知愛の斯道の館へ、なお一層ご愛顧をお願い申し上げます。

PO20120722_0006.jpg今日は、うるま市のB&G海洋センター武道場で社団法人全沖縄古武道連盟の合同練習があった。
沖縄研修で来沖中のフランス人御一行様の練習に合わせて日程がセットされた。
タイミングよくスウェーデンから修行中のイバァー君も参加してもらう。
フランスからの御一行は毎年二週間程度滞在して研修するメンバーである。
イバァー君には今日の練習がどう思うだろうか。
「教わる生徒の型が教える先生の型によく似る」とも言われ、一定の指導経験を積むと、それとなく師が分かる(笑)。
師事した先生が誰であろうと、組織の継承する型は一つでなければならない。
PO20120722_0003.jpg合同練習が型の歪み?を補整する役割にもなり、この合同練習には積極的に参加してきた。
が・・・、一方、参加人数が少なく、顔ぶれの固定化することに、危惧の念を抱く。
イバァー君には、滞在中、可能なかぎり練習場所を変えていくのもいいだろう。
組織として継承する沖縄古武道の正しい型がこれだ!ということを理解してくれるだろうか。
沖縄滞在も残り10日。生まれて初めて経験するこの暑さ。負けずに頑張ろうね\^o^/


2012年7月22日 19:47 |

PAGETOPへ