TOPへ館長のブログ > 士気の高揚

沖縄空手|館長のブログ

士気の高揚

今日は国民の祝日、勤労感謝の日。二日後に迫る全沖空連の昇段審査。
沖縄空手道少林寺流振興会から二名が受審する(内一人が実技試験)こともあり、臨時稽古をセット。稽古場は久しぶりに南城市の千武館道場、当会会長の道場だ。
PO20121123_0001.jpg PO20121123_0003.jpg PO20121123_0008.jpg昨年の段階で受検資格は得たのだが、自身の到達とモチベーションの不安から受審を猶予したY指導員が今回五段位を受ける。課題とする「チントー」の型と組手の技法をチェックする予備審査である。一年間の修行後、自らが会のお墨付きを得るためである。
動画はチントーの型。斜め一直線の演武線で、変化が激しく、緩急自在が特徴であるが、上々の仕上がりだ。この調子で、本番でも平常心で臨みましょう。
武術は非可逆性の上達で、一度、ステップアップした武技は元に戻してはならない。
所謂、この段を以って、本当の意味での武術修行が始まる。
より高いレベルの武技の存在を知り、自分の手で体得しましょう。

 


2012年11月23日 22:29 |

PAGETOPへ