TOPへ館長のブログ > 快晴下の空手教室

沖縄空手|館長のブログ

快晴下の空手教室

今日はセンター試験初日 PO20130119_0004.jpg。例年寒さが厳しく天気が荒れる日なのだが、今年は絶好の試験日和。
受験生諸君も日頃の学習の成果を発揮できるだろうかp(^^)q

午後から隣町のコミセンの空手教室があったが、暦は明日が大寒。日かげは寒い。
寒さに負けず今日も14名が練習に参加した。座禅後、身体をストレッチで充分に解して、さっそく、稽古に入る。
定位置、移動の基本稽古を終え、型の反復練習へ進む。前屈の姿勢や腰の向きの不十分さがあり、姿勢を正す。初心の頃PO20130119_0009.jpgにやらねば、その癖はますます直りに くい。子供ながらしっかりと身につけさせるのは骨が折れる。
約束組手が始まった。攻と守の役割分担するが、そろそろ、相手を見て動きを判断しようと、左右の技の取り決めはせず、相手の目の動きを見て判断するトレーニング・・・自由に動くことを教える。
実戦のつもりで相手をよく見る。動きを封じて放つ打突は近間を捕ること。そのため、後ろに下がることなく回り込むことを教える。だんだん形も整ってきた。

PO20130119_0006.jpg先日、広島のSさん(少林寺流・命宝会)から正月みかん一箱が贈られてきた。小休止後、美味しく頂き、渇を癒した。沖縄と広島に共通する歴史・・・命どぅ宝!は、沖縄空手の精神で繋がる。
ミカンで喜ぶ子供たちも、理解してくれただろう。けして、イジメもケンカも、していけないことも・・・
Sさん、ありがとうございます。


2013年1月19日 18:55 |

PAGETOPへ