TOPへ館長のブログ > 睦月最終の稽古

沖縄空手|館長のブログ

睦月最終の稽古

朝から寒々とした冬空だが小雨模様。寒さは幾分緩んだ。
年が明けて取り組んだ練習は、今日が1月最後で自宅稽古場だ。
参加者4人。簡単なストレッチを行い、定位置・移動の基本稽古が始まった。
移動基本稽古の頃には額に汗の玉がにじみ出ていた。
基本といえども全力で突きや蹴りを行なうからだ。
PO20130130_0001.jpg蹴りのつま先の位置に気をつけながら、インパクトのある蹴りを行なわせる。
回数を数えるうちに、下半身の揺れが見てとれたが、だんだんと克服してきた。
伝統空手における蹴りの高さにいろいろな意見もあるが、今は空手は他と争う手段でない。
身体能力の向上の著しいときにこそ、可能な限り、大きく早い正確な動作を求めて指導している。
今日のミット蹴りは、久しぶりに、ゴム負荷下で行なわせるが、少し、つらそうだった。
負荷から解き放された蹴りも活きてくるだろうと期待している。
型の反復稽古は全体で流したあと、ひとりひとり、課題を指示する。
カチカチに緊張せず、しなやかに動くことを説明し、繰り返し型のチェックをする。
今月最終練習日、普及型から五十四歩まで細かくチェックした。
同時に、棒の基本稽古と朝雲の棍の手数を指導した。
また、来月も空手・古武道を楽しく練習しましょう。


2013年1月30日 21:45 |

PAGETOPへ