TOPへ館長のブログ > 2013年5月

沖縄空手|館長のブログ

道友の昇段を祝す

那覇市内中学校の武道場で、全沖空連の2013年前期昇段審査会があった。
今年から求道館の自主稽古に加わったS先生が七段位を受験する。

968126_283659745102639_1641549714_o.jpgS先生は三十数年来の古い門弟で、鶏舎跡の稽古場を経験する唯一の道友である。
また、長年公立中学校で教鞭を執り、校長職を退いた後も自治体の教育行政職を務めてきた。
公務の多忙さから解放され、今は求道館や千武館で練習を積んでいる。

今回、五段以上の受験者はS先生のみで最高段位の受審となった。
広い武道場で一人で奮立つ姿は、緊張感を一層深めたが・・・
S先生は課題のパッサイの型を力強く、重厚な演武を平然たる姿で終えた。

審査の結果、5名の称号審査部会の先生方から高い評価を得て、みごとに合格した。
S先生は、恩師に禅の世界の含蓄に富む言葉「一器水瀉一器」を扁額として揮毫した。
その扁額の言葉でもって、道統の継承に傾注した恩師もさぞ喜んでいるだろう。

958247_283659665102647_431914111_o.jpg恩師の歩んだ足跡を踏みしめて、自己を奮立たせる求道館。
この場所があったからこそ、武道人生を歩むこととができたという。
求道館を盛り立てた仲間に励まされるから、また頑張れたという。
学校の先生らしく、一人で稽古するより多いほうが楽しいと語ったのが嬉しかった。

S先生、七段教士、おめでとうございます\^o^/


2013年5月26日 21:53 |

ニュー フェース・・・

GWが過ぎた。期待と不安の中で迎えた新学期の生活にも慣れる頃だろうか。
此処へ来て与那原教室では、新しい練習生を迎えて賑わっている。
就学前の園児まで入会して、見真似で必死に空手を学んでいる。

保護者に付き添われて教室へ来たが、練習開始後もずーっとぐずついて、父親にくっ付いている児もいる。経験を重ねて、児らの扱いにも慣れているつもりなのだが、四歳児を世話することは始めての経験だ(笑)

959167_280694172065863_1896371342_o.jpg一通りの練習メニューを済ませて、年少者を個別に指導する時間を設けている。
基本稽古の反復をメインにするが、練習に飽きないように、楽しく身体を動かせるように工夫する。
ミットへの蹴りや突きがその一つだが、児らには始めて経験することに一生懸命である(笑)

練習が終わったあと、児らから「ありがとうございました」との言葉が掛かる。
空手の練習を通じて、もう既に、挨拶やお礼の言葉を交わすこともできる児もいるが、実に頼もしい。

これから、この児が沖縄の空手の心と技を学んで、成長していく姿を楽しみたい。
できるだけ長く空手にかかわっていけるように楽しい教室運営に心掛けよう♪
上手くなることよりも、長く続けることの難しい空手だから・・・

未来の沖縄伝統空手を担う新顔・・・この児らの成長に期待しよう(^^)

本日の練習参加19名。お疲れさまでした。
演武大会に向けて、更に頑張りましょう!!


2013年5月18日 21:42 |

久々の更新

あっちの方に心を奪われ、HPを省みる余裕など無かった。
Facebookの更新にかまけて、ご無沙汰しております。
前回の更新が3月下旬で・・・気がつけばGWも明けた。
PO20130508_0005.jpg斯道の舘HPが一ケ月以上も放置されてしまった(^_^;)
Facebookでは少林寺流振興会としてのアカウントもあり、
SNSとしてFacebookの使勝手の良さに触れ、HPの更新が疎かになってしまった。
斯道の舘へ訪問してくれる皆さんへご心配をおかけしました。
引き続き、斯道の舘へのご愛顧をお願い申し上げます。

土曜日、日曜日、火曜日、水曜日の週4回の練習はGW中も行なった。
それぞれ場所を換え、新鮮な気持ちで練習に取り組んでいる。
今日は自宅稽古場・西原道場で中高生の指導日だった。練習参加4人。
インターハイまで一ヶ月を切ったが、K君の士気が上がっている。
GW最終日に津堅島でキャンプを楽しんだS君兄弟は、日焼けした元気な顔を見せてくれた。
取り組みが熱心だけあって、上達も早い練習生に期待を寄せている。

今日は十分に身体を解したあと、いつものメニューに取り組んだ。
パッサイ、五十四歩を反復して型稽古。徳嶺と朝雲の手数をマスターした。
皆さん、引き続き、楽しく練習しましょう♪


2013年5月 8日 23:15 |

PAGETOPへ