TOPへ館長のブログ > 2014年稽古始め

沖縄空手|館長のブログ

2014年稽古始め

一年の計は元旦にあり・・・と恒例になった求道館における初稽古へ参加した。
少林寺流発祥の地はここ求道館。
IMG_1911.jpg有志で盛り立ててきた求道館において、四回目の初稽古を迎えた。
いまでは恩師の見守る下の初稽古が、それぞれお互いの修行の励みとなっている。

神棚へお酒とお水、塩とお米を供え、正月飾りの鏡餅を供え、一年間の稽古の無事と求道館の発展を祈った。定位置、移動の基本稽古を済ませ、型の反復練習で全ての型を流した。

練習後には洗心館館長が代表して新年の挨拶を行なった。今年は空手会館の建設の年で、大事な年である。二月の三週間セミナーを担当する佐久川館長から協力の要請もあった。
恩師の残した空手の技と心を継承するためにも、心を一つにして団結しようと決意があった。

一人で練習するより、大勢の稽古が楽しく元気が出る。一人でできることは小さいが、皆で力を合わせれば大きなこともできる。更に前進するために、求道館自主稽古へ参加する門下生が増えることを願う。

皆さん、今年も沖縄空手の発展のため頑張りましょう\(^o^)/


2014年1月 1日 15:50 |

PAGETOPへ