TOPへ > 型の紹介 > 五十四歩(ウーセーシー)

沖縄空手|少林寺流斯道の舘

五十四歩(ウーセーシー)

1.jpg
達人松村宗棍より伝授継承された型で、左右対称の演武線を移動する。
前腕部による縦拳双手受け(割受け(ワイウキ))、
正面部への打ち受け(極め)、開手での下段受け、
掌底突き、猫足構えから連続貫手(極め)、指尖部での眉間への攻撃、
左右の相突き、羽交い絞めへの攻防、転身による掴み前蹴り、
開手双手受けからの双手突き倒しなど多彩な実践的攻防がある型である。
ウーセーシーの型とも呼ぶ。


2008年5月25日 10:52 upload

PAGETOPへ