TOPへ > 喜屋武朝徳先生の論稿 > 空手の思い出

沖縄空手|少林寺流斯道の舘

空手の思い出

1942(昭和17)年5月

masterkyan180.jpg 聖喜屋武朝徳著「空手の思い出」 空手道師範喜屋武(きゃん)朝徳(ちょうとく)氏(73)は今年古希月下。

中頭郡読谷山(ゆんたんざ)村比謝河畔に悠々自適の生涯を過し、県立農林校空手教師、五尺に足らざる小体で夙(つと)に喜屋武ミー小の異名をとり尚壮者をしのぐ矍鑠(かくしゃく)として生きた空手の歴史。




■ 空手の思い出 ■

投稿)喜屋武朝徳

私の父朝扶(ちょうふ)は私が幼少の頃より體躯(からだ)が弱くその上矮小なるため兄朝弼(ちょうひつ)と毎日程相撲等を取らして体を鍛(きた)へせしむるを行事としてをりました。
然るに余が15歳になり結髪式終るやその日父親は吾々2人を前にして男として武藝(ぶげい)を踏まなければ一人前の男になれないから是非(ぜひ)武を稽古するやうに説かれ、これから2人に本当の武術を教えるから男らしく苦しくても最後まで頑張れよと謂(い)はれ其の翌日から初めて空手を稽古(けいこ)するやうになりました。当時は空手と言はず唯単に手といふて居り例へば抜塞(ぱっさい)の手とか鎮闘(ちんとう)の手とかいふ風に謂(い)はれて居りました。
父親は身長五尺六寸位に体重が二十貫位もあり力も普通以上で武藝(ぶげい)を好み当時尚家の御側務を致して居りまして、無口で厳格な躾(しつけ)で教養されました。父親の指導はとても荒々(あらあら)しく無理に錬へられる場合は家の隅に隠れ、子供心にも悔し泣きする時もありましたが翌朝(よくあさ)起きると昨日の事は忘れ再び勇猛心を起して兄と二人猛烈なる稽古に稽古を重ねて一年は過ぎました。忘れもせぬ私が十六年の春父親と共に識名薗(しきなえん)に行き風聞にきく沖縄空手中興の師松村宗棍(まつむらそうこん)先生に初めて御目にかゝり父親を介して御指導を受けることが出來(でき)ました。
先生は当時八十歳と覚えておりますが教わった空手の型は五(ご)十(じゅう)四(し)歩(ほ)でありまして今も忘れず持って居ります。松村先生は八十歳の高齢に拘はらず毎朝巻藁(まきわら)を突かれ矍鑠(かくしゃく)として若者を凌(しの)ぐ御容体、眼光人を射り、腕骨の堅き事、鐵石の如き感がありました。先生は熱心に御指導され特に口癖(くちぐせ)の様に武は平和の道である。平和は武に依って保たれると謂はれました事が朧氣(おぼろげ)ながら記憶して居ります。今の時局を見て先覚者の言葉だと思ひしみゞ敬仰の念にうたれて居ります。私は二年間松村宗棍先生の御指導を受け次第に武に對(たい)し趣味が湧いて來ましたが私に取って惜しい事には尚泰候(しょうたいこう)の家老として父が上京致さなければならなくなったので吾々兄弟も父を追ふて上京し東京の尚家(しょうけ)の屋敷内に住家を與(あた)へられて生活する事になり私は漢學(かんがく)を學ぶ爲(ため)富士見町の二松學校において三島中洲先生より學びました。
其の側(かたわ)ら父親と一緒に空手を練磨(れんま)しましたが、父親は厳格(げんかく)な方で冬の雪の降る寒い時は、わざゞ庭に追出して空手をやらなければ朝食も與(あた)へない程でありました。その御蔭(おかげ)で在京九年間一日も風邪にかゝらず弱かった身体も頑強(ぐわんきょう)となり、たのしい青年期を過ごす事が出來(でき)ました。
私が上京して五年目に松村宗棍(まつむらそうこん)先生は八十八才の高齢を以って永眠されましたが御師の死目に會(あ)はず至極残念に思ってをります。 忠孝兩全(ちゅうこうりょうぜん)とは全く先生にあてはまる言葉だと思ひます。
先生より直接指導を受けた人は現在書家であり、畫家(ぐぁか)である吉村仁齋翁と私と二人しか残って居ないと思ひます。私達が上京してから暫くして元那覇署長の比屋根(ひぃやごん)安昂氏も彼の父親と一緒に尚家の屋敷に居た事がありますが往時の事を想ひだし二人出會(あ)ふ時は話する事もありますが五十余年前の昔の夢となって居(お)ります。
私は家事の都合で二十六歳の時に帰省し泊の松茂良興作(まつもらこうさく)先生や親泊親雲上(ぺーちん)先生等に師事しました。當時(とうじ)の先生等は互いに敬愛し合って自分の特技の手以外は弟子に教へませんでした。若(も)し教へて呉れと御願(おねが)ひする時は其の手の特技を持って居る先生へ紹介して互いに謙譲(けんじょう)し合って、實(じつ)にうるはしい感じが致しました。
然(しか)るに世の中はまだゝ開けず武を稽古する者を異端視(いたんし)してをりましたので他人や兄弟にもいはず人目を避けて稽古に行くので一苦労(ひとくろう)でありました。其の上、蛮風(ばんぷう)が残って酒座や色町(いろまち)で盛(さかん)に試(たみし)をやったものでありますから常にその要心をして色町(いろまち)にも行ったものであります。
時代は進み個人的な武士道から国家に御役(おやく)に立つための武士道となり、なほ小さい琉球に武器なき平和な王国の武術たる空手が富名腰義珍(ふなこしぎちん)君が単身上京して廣(ひろ)めた結果は琉球の空手が日本の空手として新しい發展(はってん)を見たのは縣民(けんみん)として富名腰君に感謝し本場は本場としての威厳(いげん)を保つべく指導者も被指導者も一團(いちだん)となりより一層に磨(みがき)をかけて精進(しょうじん)すべきと思ひます。
空手の道に身を投じ七十三年の年。其の間諸先輩より教わった事や自分の信念をにし拙(せつ)文を恥(は)ぢず世間に發表(はっぴょう)し併せて逝いた諸先生の御冥福(ごめいふく)を祈る次第であります。

■空手の道
忠(ちゅう)と孝(こう)とを基にする日本精神の真髄(しんずい)は武術である。武術を修行して初めて武士道徳は行はれる。故に空手といふものも単に術ばかりでなく武士の行ふ廣(ひろ)い意味の道となるのである。単(たん)に人を投げたり突いたりするだけの狭い意味に誤解されてはならぬ.。故に空手道は何處(いずこ)も忠孝(ちゅうこう)一如(いちにょ)の精神に基いて修練しなくてはなりません。

■空手の目的
空手の目的は身体の發育(はついく)、勝負術(しょうぶじゅつ)の熟達、克己(こっき)の練磨この三つであります。普通の体操や体育法には手足を動かずに攻防の意味が含まれて居りませんから従って興味(きょうみ)もなければ相手に勝つといふ信念が得られない。空手の鍛練法(たんれんほう)では身体の發育(はついく)を主とする外に筋骨を動かすには一々勝負の意味が含まれて居(お)ります。即ち如何(いか)にして相手を倒し、如何にして相手の攻撃を避け得るかとの勝負の理念に依って姿勢を作り身体の健全を保ち器官(きかん)の發育(はついく)を旺盛(おうせい)にならしむるのであります。
勝負といふ事を全く離れて機械的に運動するのではありません。それ故(ゆえ)に興味も深く精神の活動も盛んにして兼ねて智徳(ちとく)の增進(ぞうしん)を助けるのです。適当の教授法で修錬すれば筋骨各所の發育(はついく)が均整を取れ、殆んど理想的な體形(たいけい)が出來ます。空手で身体を練ったものは身の運びが自在でありますから往々身に懸(か)かる不意の危険を避けることが自然に出來(でき)ます。

■勝負術(しょうぶじゅつ)
勝負術では如何(いか)にして相手に勝つことが出きるかの問題であります。相手に勝つには身体各部の動作は能く力学の理に適ひ精神の作用は真理に背(そむ)かざる様にしなくては到底(とうてい)美事(みごと)に勝ち得ることはできません。故に勝負法を修行するものは身心の事理を能く考(かんが)へて宇宙の大自然に合(あ)はなければなりません。

■攻防(こうぼう)自在(じざい)の法(ほう)
昔の武術修行者は道場内では勿論のこと居常(きょじょう)寝食(しんしょく)の間でも身体の自在になる業常に自然の法則を研究したとのことは良く良く留意(りゅうい)すべき事である。

■修行者(しゅぎょうしゃ)の覚悟(かくご)
初めて空手を修行するものゝ中には空手とは如何(いか)なるものであるかを深く研究もしないで唯護身を目的として修行するものもあり、又人を突いたり投げる事の美事なのを見聞(けんぶん)して好奇心に駆(か)られて修行する者もあり、又空手修行者の強健なるを見て唯体育のためにする者もありますが此等の人々の中には往々僅(わず)か一、ニの説明を聞いて少し稽古をすれば忽(たちま)ちに天狗(てんぐ)の如く自在に、身体は金鐡(きんてつ)の如く健(すこ)やかになるだろうと早呑(はやの)み込みをするものもあります。
斯如(しぎん)な人々は初めの中こそ熱心に稽古もするけれ共、暫(しば)らく勉強して思った程進歩しないと漸々懶惰(らんだ)の心が生じ遂には止めて仕舞(しまい)ひます。或ひは俄(にわか)に上手にならうとして過度の稽古をして筋肉の強直を招き痛みを感ずる虞(おそれ)から久からずして止めて仕舞(しま)ふものも少なくありません。又幸に最初から元気も衰えず頗(すこぶ)る熱心な者もあるかと思へば病魔に襲(おそ)はれて止むを得ず中止する者もあってこれらは空手入門の其目的を持たぬ為でありまして斯道(しどう)の為誠に遺憾(いかん)な次第であります。元來空手は他の学問とは大いにその趣(おもむき)を異にして居りますから一場の講談(こうだん)や理論を聞いた位では駄目ですからどうしても實地に一生を通じて行を積み技の熟達(じゅくたつ)をしなくては身体の發育(はついく)も充分に行きません。
只孜々と怠けず適當(てきとう)の稽古して歳月を重ねる覚悟(かくご)がなければなりません。又稽古の際は理論に従って怪我(けが)を避け常に衛生に注意して病(やまい)に犯(おか)されない様にすることが必要であります。

■力(ちから)の必要(ひつよう)
「昔から空手には力があると其の力の為に自分から負ける空手では力は却(かえ)って害をなすものである」と言ひ傳(つた)へて居りますが此れは大なる誤りであります。若し爾人(そのひと)の技が同じ程度でも其の力に優劣があれば力の強い方が勝つことは理の當然(とうぜん)であります。
尤(もっと)も力の強いものでも力の弱い巧妙な技に乗せられて却って其の強力を利用されて美事(みごと)に負かされる事は往々あります。又力の強大なるものは其の力を頼んで空手の理論に背いた力の用ひ方をすることもあります。
此等は力の余程劣って居るものに對(たい)しては勝つことがあっても技の巧みなものや稍(やや)同等位の力にあるものに對しては美事に勝つ事は出來ません。况(いわん)んや同等以上のものに對(たい)しては尚更(なおさら)の事です。斯様(かよう)なものは武術としての力即ち、武力(ぶりょく)がないからであります。
武力は決して体(からだ)が大きいから武力があると言へません。武力は武術の努力によって得られるのであります。相撲(すもう)には相撲の力があり柔道には柔道の力があります。あらゆる武術にそれ特有の武力がありますがこの力は其の天生の体力に其の道の努力(なんぢ)を加えたのが其の力であります。
故(ゆえ)に此は力の強い為に負けるのではなく修行が足らないのと修行中の不心得の為(ナンヂ)が足らないのであって若し強力のものが充分に修行を積み修行中も能(よ)くこの點(てん)に注意したならば相手にその力を利用される恐(おそ)れもなく、又無理な技もせずその全力を最も有効に働かせる事が出來ます。所謂(いわゆる)鬼に金棒ともいふべき優者となり得ることは少しも疑(うたが)ひない所(ところ)であります。
古來(こらい)小兵(こへい)で斯道(しどう)の達人となった人が多々居りますが自分の缺點(けってん)たる天生の力に對(たい)して之を補(おぎな)ふべく人十倍の努力された方であります。

■筋肉の調和
空手は只(ただ)手(て)先(さき)のみでは甚だ効験が少ない。又無暗(むやみ)に力を入れたりすると我の正しい姿勢が崩れますから却(さから)って相手に負けることがあります。常に正しい姿勢を保った儘(まま)で相手を倒すには全身各部の筋骨が調和初めてその目的に達することが出來るのであります。
例(たと)へ相手の身構へが崩れて隙(すき)が出來て、或る技を掛ければ立派に勝ち得ることが解って居ってもその技を掛けるに手の伸縮、足の働き方、腰又は胴の捌(さば)き方等が調和しないで例へば手の突き方、足の蹴り方が技の趣(しゅ)意(い)に背(そむ)いて一致しない場合は到底美事(みこと)に勝つ事が出來ません。
又軍隊で言へば命令一度下るや砲(ほう)工(こう)歩(ほ)騎(き)の諸隊が各々その任を して各部隊一致の運動をなし整然として乱れず邁進(まいしん)攻撃(こうげき)を以って偉大な功を奏(そう)して居る皇軍の軍規(ぐんき)と全く一致して居ります。空手修行者は筋肉の調和と言ふ點(てん)に最も意を注がなければなりません。

■修行者の年齢及び体格
世間には往々空手修行者は少し激烈に過ぎて身体の薄弱(はくじゃく)な者や老人や少年等に適しない様に思っておるものがありますがそれは大なる謬見(びゅうけん)であります。
空手には其等(それら)の人々の体格年齢等に適合した教授法があります。年の老幼、体の強弱を問はず何人でも修行する事が出來るのです。そして適当の教授法に拠(よ)って相当の年月の間修行すれば老年のものは益々強健になり少年又は虚弱(きょじゃく)のものは身体の發育を促すのみならず技が巧妙になれば体格の小さい者、力の少ない者でも自分の欠点を補(おぎな)ひ得る事が出來て優者になり得るも又当然であります。殊(こと)に少年の時に充分鍛練して居れば年齢が長じて身体が發育するに従って自然に技も巧妙(こうみょう)になるものです。
少年の内身体を鍛練し各部を自在に働かせて、朝夕修行鍛練し、武の道を悟る事が出來れば強者を恐れず弱者を侮らず虚心(きょしん)平気(へいき)で心をはなさず相手の挙動(きょどう)に随(したが)って機(き)に臨(のぞ)み変(へん)に応(おう)じて電光石火の活動を演じ機敏大胆に且つ歩することが出來(でき)ます。

■チーシーと巻藁
空手においてチーシー、サーシ等は絶対につきものの様に思って居る方がをりますが之認識(にんしき)不足も甚(はなは)だしいのであります。チーシー、サーシは何(なん)のためにやるかといへば手足の筋骨を強くしたり、握力(あくりょく)を出すためであります。
筋骨を強くしたり、握力を出すには必ずしもチーシー、サーシ等のみで鍛(きた)へられるものではありません。筋骨を錬るにはアレイあり、堀り甕(がめ)あり、ゴムあり、鉄棒あり、その他色々の方法で出來ます。然して筋骨を鍛(きた)へたのみでは空手の偉力たるアテミの力は充分出來ません故にこのアテミの力を創るにはどうしても巻藁(まきわら)を突かなければなりません。
巻藁こそ沖縄の空手の他、総ての武術にすぐれた特徴であると自分は確信するものであります。松村先生、糸洲(いとす)先生も八十歳越しても巻藁(まきわら)は突かれて居りました。空手修行者は空手の形を重要視するのと同じく巻藁(まきわら)も又重要(じゅうよう)視(し)しなくてはなりません。

■結び
七十三歳の壽(とし)を重ね何等(なんら)世の為めになしたる事なく、厚がましくも拙文を公開し空手道の感想を思い出さしめたるは、支那事変(しなじへん)から大東亜戦争に展開し皇軍将兵は空に、海に神鬼出没、五体の大きい白人を蹴散(しゅうさん)する。
戦果は御稜威(りょうい)の基、良く我が将兵が武士道の奥義を發揚(はつよう)せし賜(たまわ)らんと思へば枯れ木の老人も火鉢を側にして安閑(あんかん)としては余生を貪(むさぼ)るに忍びないのであります。


2008年6月12日 11:28 upload

PAGETOPへ