TOPへ > 館長の小論文 > 沖縄空手道

沖縄空手|少林寺流斯道の舘

沖縄空手道

-伝統の形を守る-

少林寺流空手道 親川仁志


近年、空手道は国内だけではなく、国際的にも進出普及し、遠く海外においてもその愛好家が増加してきた。
それに伴って、空手道の修業法も変化しつつある。
すなわち、従来の形中心の修業法から自由組手を中心としたスポーツ化、とりわけ、高等学校・大学等の学生空手部にあっては、試合方法が導入研究され、いわゆる、競技法として、国際時にも国内的にも急激に発展しつつある。
このことは、空手道の発祥地であるわが郷土沖縄の誇りでもある。
しかし、空手道の試合化に固執するあまり、形を軽視する懸念がないでもない。
もし、空手道の試合が、単に勝敗をきそうだけのスポーツと考え、ボクシング的、レスリング的方法で競技された場合、このような空手道の試合より、むしろ本物のボクシングやレスリングの方が、はるかに見る人の目を楽しませてくれるだろう。
すなわち、空手道の試合化は、空手道独自の中で試合方法が研究されなければならない。


shikiya.jpgいわゆる、試合化で最も重要なことは、攻撃・防御において、常に形が応用され、技が臨機応変、自由自在に活用されることである。
こうした試合こそ空手道の真髄が発揮され、競技化された空手として人々に深い感銘を与えるものである。
なぜならば、形には実際的な攻防の技法が四方八方に敵を想定し、実に巧みに組合わされており、真剣に、且つ寸分の油断もなく、呼吸といえどもおろそかにできない面もあるからである。
ややもすると空手道の近代化とは、自由組手の導入や試合中心の修業法によってスポーツ化されたように考えられるが、このことは必ずしも空手道の近代化にとって必須の要件ではない。
空手道も究極の目的は、他の武道と同じく人間形成である。
日常の稽古で人間形成の要素たる精神修養を第一に、正しい方法で指導が行なわれなければならない。
なぜなら、空手道そのものは無形の文化財であるが、その体得の方法は運動であり、稽古の如何によっては前述した塗手道本来の目的から離脱する場合があるからである。
形の反復による技の修得と絶えざる修業は、精神力を強化し、人格を完成させ、豊かな世界観を身につけさせるのである。
単に技術のみの向上を目的とした稽古は無意味であり、社会に有害の場合もあるということを肝に銘じ修業しなければならない。
空手道は沖縄の歴史と風土が生みだした武術で、古くから心身の鍛錬、護身術として発展継承されてきた。
私は、この道に志して18年余を数える節目に当たり、前述の視点で今後とも先輩諸士の教示のもとで、
この優れた無形文化財『沖縄空手道』の真髄を究めることを新らたに決意するものである。
又、後身の指導にあたる機会があれば『形に始まり、形に終る』といわれるような、沖縄における伝統的な空手修業を貫き、沖縄文化の真価と誇りを正しく伝承していきたいものである。

昭和60年9月


2008年6月12日 23:12 upload

PAGETOPへ